【第171回直木賞】ノミネート作品まとめ

直木賞
記事内に広告が含まれています。

第171回直木賞にノミネートされた5作品を読み終えましたので、記事にまとめてみました。

どの作品から読もうか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

この度、ノミネートされたのは次の5作品です。

著者著者出版社
青崎有吾地雷グリコKADOKAWA
麻布競馬場令和元年の人生ゲーム文藝春秋
一穂ミチツミデミック光文社
岩井圭也われは熊楠文藝春秋
柚木麻子あいにくあんたのためじゃない新潮社

時代を反映してか、新型コロナ、SNS、YouTubeなどを取り上げた作品が選ばれています。

その中では『われは熊楠』は異色と言っていいと思います。

明治から昭和までの時代を描いているからです。

新しい時代の作品もちょっと前の時代の作品も、どれもが読みごたえたっぷりでした。

それぞれの作品について、他の作品と比較した感想を簡単に述べていきます。

第171回直木賞ノミネート作品

それではさっそくそれぞれの作品について紹介していきます。

『地雷グリコ』

1冊目は青崎有吾さんの『地雷グリコ』です。

この作品のテーマは「ゲーム」です。

まったく強そうに見えない主人公が、相手を油断させながら勝ち進んでいく物語です。

ドキドキハラハラ、でも最後はよっしゃー!と叫びたくなる。

そして誰もが知るゲームに、特別ルールを付け加えて戦います。

そのルールを理解すること、両者の作戦を理解するのに頭がフル回転になります。

頭の体操と現実逃避にはぴったりですね。

今まで読んだことのないような物語だったのと、読後に頭を使ったなぁと達成感もあって、5作品の中で印象が強く残っています。

まだ読んでいない人は、ぜひ読んでみてください。

楽天ブックス
¥1,925 (2024/07/16 03:07時点 | 楽天市場調べ)

『地雷グリコ』について紹介している記事があります。ぜひ合わせてご覧ください。

『令和元年の人生ゲーム』

2冊目は麻布競馬場さんの『令和元年の人生ゲーム』です。

この本にはZ世代の生態が描かれています。

ゆとり世代、さとり世代、Z世代、、、

おばさんには違いがよくわかりませんでしたが、Z世代がどういう考えなのかは少しわかった気がします。

でも何世代だろうが、生きていく上で悩みのない世代なんてないんですよね。

そのことを知ることができて、Z世代にちょっと親近感がわきました。

5作品の中では、印象は弱めですね。

でも私の印象と受賞するかどうかは全く別なので、、、、

この作品をまだ読んでいない人は、ぜひ読んでみてください。

楽天ブックス
¥1,650 (2024/07/13 12:02時点 | 楽天市場調べ)

この本の紹介記事があります。ぜひ合わせてご覧ください。

『ツミデミック』

3冊目は一穂ミチさんの『ツミデミック』です。

この物語のテーマは「パンデミックと罪」ですね。

コロナで仕事を失ったりして、人生が変わってしまった人の恨みつらみを感じます。

6編の物語が収録されていますが、後味の悪い恐ろしいお話も、、、

強烈な印象を残しましたが、私はもう一度読み返したいとは思えません。

あ、恐ろしいお話だけではなく、心温まるお話もありますので、まだ読んでいない人はぜひ読んでみてください。

ネオウィング 楽天市場店
¥1,870 (2024/07/14 17:42時点 | 楽天市場調べ)

この本の紹介記事があります。ぜひ合わせてご覧ください。

『われは熊楠』

4冊目は岩井圭也さんの『われは熊楠』です。

この本は、博物学や民俗学の先駆者である南方熊楠みなかたくまぐすの物語です。

何かに秀でた人というのは、「普通」ではないのだということがよくわかりました。

でも死ぬまで没頭できるものがあって、人生を懸けるほどのものがあるのは素敵なことですね。

私の好きな実在の人物の物語だったので、楽しく読むことができました。

5作品の中では、この本だけ歴史もので毛色が違います。

南方熊楠という人のことを知って知識欲が刺激され、私にとっては忘れられない1冊となりました。

この本をまだ読んでいない人はぜひ読んでみてください。

楽天ブックス
¥2,200 (2024/07/11 23:56時点 | 楽天市場調べ)

この本の紹介記事があります。ぜひ合わせてご覧ください。

『あいにくあんたのためじゃない』

最後の5冊目は柚木麻子さんの『あいにくあんたのためじゃない』です。

この本は、読後にスッキリ爽快になって元気が出る6編が収録されています。

嫌な男性がいろいろと出てきますが、被害者がみんなで協力して仕返しをする。

仕返しのやり方がお見事!と叫びたくなります。

SNSやYouTubeなどで被害に合った人たち、今の時代に他人事とは思えませんね。

それから、どこの商店街にもあるマダムショップがなぜつぶれないのか、というお話もとても興味深かったです。

特に女性には喜んでもらえる本だと思います。

5作品の中で、印象としては強い方ではなかったです。

でもこの本のことを覚えておいて、元気がないときに読み返したいと思いました。

まだこの本を読んでいない人はぜひ読んでみてください。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥1,760 (2024/07/15 23:18時点 | 楽天市場調べ)

この作品の紹介記事があります。ぜひ合わせてご覧ください。

最後に

第171回直木賞にノミネートされた5作品を紹介しました。

どの作品もおすすめの1冊となっています。

ぜひ気になった本から読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました