【春に読みたい】人生観が変わる【おすすめ本5選!】

おすすめ本
記事内に広告が含まれています。

春は卒業や入社など、出会いと別れがあって、人生の節目となる季節ですね。

そんな季節に、人生観を変えるほど心に響き、忘れられなくなる本を読んでみるのはいかがでしょうか。

この記事では、私が読んだ本の中から、春にぴったりな厳選本5冊を紹介します!

春に読む本を探している人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

この記事はこんな人におすすめ
  • 春に読む本を探している人
  • ずっしりと心に響き、読みごたえのある本を読みたい人
  • おすすめ本を探している人

春に読みたいおすすめ本5冊の紹介

それではさっそく本を紹介していきます。

私がおすすめする本は次の5冊です。

  • 『世界の果てのこどもたち』中脇初枝
  • 『流浪の月』 凪良ゆう
  • 『正欲』 朝井リョウ
  • 『ともぐい』 川﨑秋子
  • 『しろがねの葉』 千早茜

1冊ずつ見ていきましょう。

『世界の果てのこどもたち』

1冊目は、2016年本屋大賞にノミネートされた『世界の果てのこどもたち』です。

戦時中に満州で出会った3人の少女の物語。

戦争が少女たちの人生にどのような影響を与えたのか。

そして周りの大人たちはどうなったのか。

3人の中の1人の物語から在日朝鮮人のルーツがわかります。

また別の1人は中国残留孤児となります。

国とは何なのか。自分は何人なのか。自分のアイデンティティは何なのか。

ざきざき
ざきざき

自分自身は何者だろうと考えるきっかけとなりますよ。

詳しく紹介している記事はこちら→【心に響いた言葉4選と感想】『世界の果てのこどもたち』

楽天ブックス
¥1,760 (2024/02/14 16:50時点 | 楽天市場調べ)

『流浪の月』

2冊目は、2020年本屋大賞に輝いた凪良ゆうさんの『流浪の月』です。

映画にもなっていますね。

この本は一言でこういう物語だよ、と言えない物語です。

世間一般から見れば、ロリコン女児誘拐犯とその被害者。

世間から見る2人と、実際の2人の関係はまったく違う。

どんなに言葉を尽くしても理解してもらえない、認められない関係である2人がどうなっていくのか。

「事実と真実は違う」という名言が光ります。

ざきざき
ざきざき

“普通”とは“常識”とは何なのでしょうね。

詳しく紹介している記事はこちら→【感想】小説『流浪の月』名前がない関係の二人の物語

楽天ブックス
¥1,650 (2024/02/14 16:50時点 | 楽天市場調べ)

『正欲』

3冊目は、朝井リョウさんの『正欲』です。

こちらも一言でこんな物語だよ、と言えない作品ですね。

私が持っている“マイノリティ”に対する知識なんて、なんてちっぽけだったんだろうと衝撃を受けました。

この物語を読めば「多様性を受け入れましょう」なんて簡単には言えない。

受け入れるとはどういうことなのか。どうしたら多様性を認めたと言えるのか。

ざきざき
ざきざき

今の時代に、みんなに読んで欲しいと思う本です。

詳しく紹介している記事はこちら→【感想】朝井リョウ『正欲』多数派が正しい世界の多様性

楽天ブックス
¥1,870 (2024/02/20 11:43時点 | 楽天市場調べ)

『ともぐい』

4冊目は、第170回直木賞に輝いた川﨑秋子さんの『ともぐい』です。

人里離れた山の中で、狩りをして生きている男の物語です。

自然の中で生活していれば、草を採り、動物を殺して、命をいただく。

食べるために1日を費やす。生きることは食べること。

私たちも、食べるためのお金を手に入れるために働いてはいます。

でも食べるため、だけでしょうか。

生きるとは生きているとはどういう状態を言うのでしょう。

そんなことを考えさせられる物語です。

ざきざき
ざきざき

命をかけた熊との激闘の場面は、ハラハラドキドキで手に汗握ります!

詳しく紹介している記事はこちら→【感想】第170回直木賞受賞『ともぐい』川﨑秋子

楽天ブックス
¥1,925 (2024/02/17 18:22時点 | 楽天市場調べ)

『しろがねの葉』

5冊目は、第168回直木賞に輝いた千早茜さんの『しろがねの葉』です。

舞台は、秀吉の時代の石見銀山。

男と同じように「銀堀」になりたかった1人の女性の物語です。

ダイバーシティや男女平等が叫ばれていますが、どういう状態が男女平等なのでしょう。

男には男の、女には女の生きる道がある。

こんなことを書けば非難されそうですが、体の作りの違いや力の差はどうしようもありませんね。

どうすれば自分らしく生きることができるのか

そもそも人はなぜ生きるのか。

ざきざき
ざきざき

主人公が、女だからと侮られることに憤慨しながら読みましたが、仕返しをする場面は胸がスカッとしました!

詳しく紹介している記事はこちら→【感想】第168回直木賞『しろがねの葉』千早茜

bookfan 2号店 楽天市場店
¥1,870 (2024/02/20 11:43時点 | 楽天市場調べ)

最後に

春に読みたいおすすめの本5冊を紹介しました。

ずっしりと心に響き、忘れられない作品となること間違いなしです。

まだ読んでいない人は、ぜひ読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました