読書の秋にピッタリ!秋の夜長に読むべき【泣ける本おススメ10選】

おすすめ本
記事内に広告が含まれています。

この記事では、読書の秋に読むのにぴったりな、泣ける本を10冊ご紹介します。

特に長かった夏も終わり、ようやく過ごしやすい季節になってきました。

日が短くなり夜が長くなってくると、ちょっと寂しいような人恋しいような気持ちになりますね。

そんな時、心にジーンときて、涙を流せる本を読んでみるのはいかがでしょうか

私が読んで涙を流した本で、おススメな10冊をご紹介しますので、参考にしていただけたら幸いです。

こんな人におススメ
  • 読書の秋に読む本を探している人
  • 泣ける本が読みたい人
  • おススメ本を探している人

おススメ本10選

本を持った女性が「おススメ!」

それでは早速おすすめな本を紹介していきます!

『汝、星のごとく』

まず1冊めは、2023年本屋大賞を受賞した『汝、星のごとく』です。

親に苦しめられた男女の、中学生から15年にわたる物語です。

同じ痛みを持っていて運命とも言える二人の出会いから、大人に振り回され、成長していく過程を涙なしに読むことはできません。

またこの本には、人生の糧になり得る名言がたくさん出てきます。

ざきざき
ざきざき

自分にとっての名言を探すという楽しみ方もでますよ。

まだ読んでいない人は、ぜひ読んでみてください。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/06/12 08:53時点 | 楽天市場調べ)

この本について感想や名言をまとめています。

こちらの記事↓もぜひ参考にしてください。

『ライオンのおやつ』

2冊めは、2020年本屋大賞第2位の『ライオンのおやつ』です。

32歳の女性がガンを患い、余命宣告されて入居したホスピス(ライオンの家)での物語です。

生きるとは、死ぬとは、人生とは何かを考えさせられます。

もっと生きたいと願いながら、「今」の瞬間を大事に生きる姿に涙が止まりません。

こちらも数々の名言がありました。

ざきざき
ざきざき

生きることが苦しくなった時に思い出したい名言です。

まだ読んでいない人は、ぜひ読んでみてください。

『ライオンのおやつ』について感想と名言をまとめた記事です。

こちらも参考にしてください。↓

『宙ごはん』

3冊めは、2023年本屋大賞にノミネートされた『宙ごはん』です。

この本は、複雑な家庭環境の主人公(宙)の幼稚園から大人になるまでの物語です。

母と子、家族、人間関係の悩み・苦しみ。

いつもそばで助けてくれる人がいて、心のこもった料理が癒してくれます。

文字なのに料理が目に浮かんで、味まで感じてしまう不思議。

ざきざき
ざきざき

温かい料理って心に沁みますよね。

人の温かさと料理のすばらしさに涙が出ます。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/06/10 20:59時点 | 楽天市場調べ)

『宙ごはん』の感想をまとめた記事があります。

こちらもぜひ参考にしてください。↓

『ある男』

4冊めは、2019年本屋大賞にノミネートされて、映画にもなった『ある男』です。

亡くなった夫は全くの別人だった。夫はいったい誰だったのか。

依頼を受けた弁護士が、その真相を解明していく物語です。

名前も変えて全くの別人として生きなおしたい。

そうせざるを得なかった「大祐」の境遇と生きなおそうと一生懸命だった姿に涙が出ます。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/06/07 12:30時点 | 楽天市場調べ)

『ある男』の感想と映画との違いをまとめています。

こちらの記事も参考にしてください。↓

『朝が来る』

5冊めは、2016年本屋大賞第5位となった『朝が来る』です。

特別養子縁組で子を持った“育ての親“の元へ“、産みの親“を名乗る女性から「子どもを返して」と電話が来る。

彼女は本当に「産みの親」なのか、目的は何なのか。

ざきざき
ざきざき

子どもを産むことは女性にしかできないことですね。

悩み苦しんで「親」になった2人の女性の葛藤を涙なしには読むことができません。

楽天ブックス
¥770 (2024/06/12 11:06時点 | 楽天市場調べ)

『朝が来る』の感想をまとめた記事があります。

こちらもぜひ参考にしてください。↓

『まいまいつぶろ』

次に紹介するのは、第170回直木賞の候補になった『まいまいつぶろ』です。

徳川幕府9代将軍、家重の物語。

家重は、産まれつき障害を持った将軍でした。

言葉を明瞭に発することができず、体もマヒがあるため、「暗愚」の将軍と言われた家重。

ざきざき
ざきざき

誰にもわかってもらえないその孤独さは想像を絶しますよね。

家重の言葉を理解できる青年(忠光)が現れ、唯一無二の友情をはぐくむ。

家重と忠光の信頼関係に涙があふれます。

楽天ブックス
¥1,980 (2024/06/07 20:15時点 | 楽天市場調べ)

『まいまいつぶろ』の詳しい紹介記事があります。気になった人はぜひ合わせてご覧ください。

『ツバキ文具店』

次におすすめするのは、2017年本屋大賞第4位を獲得した『ツバキ文具店』です。

手紙を代筆する「代書屋」の物語です。

依頼者に寄り添い、気持ちを代弁した手書きの手紙にも、

主人公が抱える、ただただ厳しかった祖母である「先代」に対する思いや葛藤にも涙が出ます。

ざきざき
ざきざき

手書きの手紙って、ほんとうに素晴らしいです!

まだ読んでいない人は、ぜひ読んでみてください。

楽天ブックス
¥660 (2024/06/05 18:16時点 | 楽天市場調べ)

『ツバキ文具店』の詳しい紹介記事はこちらです。↓ 気になった人はぜひご覧ください。

『かがみの孤城』

次におすすめするのは、2018年本屋大賞を獲得した『かがみの孤城』です。

中学校に上がってすぐに不登校になった少女が、姿見の中へと体ごと引き寄せられる。

目が覚めるとそこは城の中で、同じような年ごろの人たちがいた。

同じような悩みをもっている7人が、徐々に仲良くなって、現実の世界を変えようとする姿に涙が出ます。

ざきざき
ざきざき

悩みのない人なんていないんですよね。

生きることに勇気を与えてくれる、何度も読み返したくなる物語です。

楽天ブックス
¥1,980 (2024/06/09 09:44時点 | 楽天市場調べ)

『かがみの孤城』の詳しい紹介記事があります。ぜひご覧ください。

『君の膵臓をたべたい』

次におすすめするのは、2016年本屋大賞第2位となった『君の膵臓をたべたい』。

膵臓の病気で余命を宣告されている女子高生と、思い出作りに付き合わされる男子クラスメイトの物語です。

まったく性格の違う2人のやりとりは微笑ましく、お互いに影響を受けながら変わっていきます。

残りの日々を全力で明るく生きようとする姿と、後からわかる本音

ざきざき
ざきざき

久しぶりに本気で泣いてしまいました。

まだ読んでいない人は、ぜひ読んでみてください。

楽天ブックス
¥733 (2024/06/08 14:08時点 | 楽天市場調べ)

『君の膵臓をたべたい』の詳しい紹介記事があります。

ぜひ合わせてご覧ください。

『その日のまえに』

最後におすすめするのは、2006年本屋大賞で第5位となった『その日のまえに』。

「死」と向き合う物語です。

小学生のとき重い病で入院して戻らなったクラスメイト、心疾患で突然亡くなった夫、ガンで余命宣告された人など、6編が収録されている連作短編集です。

本人もそうですが、家族もいやおうなしに死に向き合うことになりますね。

なぜわが家なのか?と。

残された家族の悲しさ悔しさに共感し、涙が出ます

楽天ブックス
¥814 (2024/06/10 23:58時点 | 楽天市場調べ)

『その日のまえに』の詳しい紹介があります。

ぜひ合わせてご覧ください。

最後に

秋の夜長に読むのにぴったりな、泣ける本10冊をご紹介しました。

秋は食欲の秋でもありますが、一生心に残る本を読むのにも、とてもいい季節であると思います。

紹介した10冊は、どれも私が実際に読んで泣いた本なので、自信をもっておススメします!

どんな本を読もうか迷っている人は、この10冊の中から選んでみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

Amazonプライムに加入すると、早ければ注文した翌日に本が届きます。

30日間無料体験ができますよ。

Amazonプライムの無料体験をするならこちら

タイトルとURLをコピーしました